冷却ファンとその対策

空冷ファンをPCオーディオ的に考えてみる

冷却ファンはオーディオ再生にとって幾つか有害な要素を含んでいます。

  1. モーターの回転とファンの回転が震動源となる。
  2. モーターを動かす際に周囲にノイズをまき散らしてしまう。
  3. 電源からみてみるとモーターは負荷となる。
  4. ファンの風切り音が環境騒音となり聴感上のS/Nを悪化させる。

このように,低ノイズ・低負荷・低振動を理想とするPAPCにおいてはファンの対策は重要です。また,ファンが多すぎるPCは音楽鑑賞そのものを阻害する要因になることもあります。

冷却ファンの対策

専用マシンなら必要最小限度のファン数でOK

PCトラポは基本的に低スペックPCがよいという立場であれば,ファンはCPUファンと電源のファンのみで冷却性能的には十分といえるでしょう。場合によってはそれすら不要で,無音の完全ゼロスピンドルマシンを構築する方法もあります。

静音化対策にはファンの電圧を下げてみる

空冷ファンは通常12Vで動くわけですが,5Vで減電圧駆動させる手もあります。5Vでスタートできるファンは銘柄が限られますので,店頭で確認しましょう。これでPCそのものが出す騒音のレベルを下げることができます。
ただし,回転数が落ちますので冷却性能も比例して落ちます。廃熱とのバランスを十分検討しましょう。

熱を気にするならCPUファンはつけておく

基板上の温度やパーツの温度が上がると性能が変化してきます。例えば,コンデンサは寿命が早くなり,所定の性能を達成できなくなりますし,抵抗は値がずれてきます。
こうしたパーツに対する温度的な負荷の結果,安定して動作しないケースが発生してしまうことも考えられますので,完全ファンレスマシンを作るかどうかは,この辺りを検討して決めましょう。

▼ファンをつける場合の対策

  • ノイズそのものを減らす
    ファンの電気的ノイズを吸収させるために,コンデンサをパスコンとして取り付けます。また,接続用の配線は縒っています。
  • ノイズを伝える経路を減らす
    余計な回転速度計測用の線は切断してしまいます。

最近では,ファンのノイズを減らすためのフィルターが販売されています。

SOtM PC Parts FAN Filter
SOtM PC Parts FAN Filter
  • メーカー: SOtM
  • 売上ランキング: 67039

個人でファンに対策をする場合はこちらを参考にされるとよいでしょう(リンク先の取り付け方は危ないとおもいますので各人工夫してください)。
http://naotake.xxxxxxxx.jp/HTPC_pro.html

議論状況

完全ファンレス動作が理想という見解と最低限のファンは必要という見解があります。ファンが必要という見解のなかには,高速なCPUを冷却するために必要不可欠とする立場と,仮に必要不可欠でなくとも,その他発熱するパーツの安定動作のためにファンは必須であるという立場があります。

○5.CPUクーラーの音質
http://kanaimaru.com/pc5_yakipaso/pc5-5.htm
○ファンレスPCをもっと高音質に!
http://oji.blog.so-net.ne.jp/2010-07-14
○PCオーディオの高音質化のアプローチ方法
http://oji.blog.so-net.ne.jp/2010-06-30
○2.HTPC_Parts
http://naotake.xxxxxxxx.jp/HTPC_Parts.html