グラフィックカード

VGAの選び方

ロースペックVGAがベスト

VGAの選択方法はそれほど難しくはありません。要するに消費電力の小さいカードを使用すればいいわけです。消費電力の目安はTDPの値を使います。
おおよそRADEONかGeForceかのどちらかから選択することになるわけですが,現行品であればRADEONのHD5450がTDP16W程度で最低レベルとなるでしょうか。RADEONのTDPはWikipediaで確認することができます。

GIGABYTE AMD ATI Radeon HD5450 1GB PCI-E RGB DVI HDMI ファンレス GV-R545SC-1GI
GIGABYTE AMD ATI Radeon HD5450 1GB PCI-E RGB DVI HDMI ファンレス GV-R545SC-1GI
  • メーカー: 日本ギガバイト
  • 価格: ¥ 8,156
  • 売上ランキング: 8797

なお,オンボードグラフィックはCPUとメモリを浪費しますので,私は積極的には推奨しません。Atomマザーのようにオンボードグラフィック以外に事実上選択肢がない場合を除き,オンボードグラフィックのM/Bは避けるほうが良いと思いますが,次世代のIntel CPUはグラフィックス機能の省電力化も視野にいれているようですから,そろそろオンボードグラフィックスが優位であるということが出来るかもしれません。

グラフィック機能もチューニングすべし

加えて,グラフィックカードもソフトウェアでのチューニングの余地があるので,今後は低スペック化のための設定を検討する必要があるでしょう。AGPの倍率も1倍で問題なく動作します。

議論状況

オーディオPCのグラフィック機能については,大まかにいってオンボードであるべきかそうあるべきでないか,という点で二つの見解があります。ただし,この二つの見解の対立点はマザーボードの性質上正反対の立場とも言いにくい部分があります。
たとえば,AtomやIONのようにオンボードでCPUだけでなくマザーボード全体の低消費電力設計が重視されているようなものを使うべきという立場もあるといえ,実際はまずAtom/IONといったMini-ITX系にすべきか,その他ATX系マザーボードにすべきか,というところからスタートする印象です。

参考

○4.マザーボードの音質
http://kanaimaru.com/pc5_yakipaso/0f.htm