foobar2000

公式サイト:http://www.foobar2000.org/
バイナリを一致させる方法:WASAPI排他モード,ASIO

概要

「とりあえずfoobar」とでもいうべきでしょうか(笑)。foobar2kなどとも呼ばれます。もはや定番となったオーディオプレーヤーソフトです。
プラグイン方式による多機能ぶりが売りですね。反面日本語化などはしにくいようで,昔からあるソフトのわりに日本語ランゲージファイルみたいなものが同梱されないですね。Lilithと同時期に,高音質が売りのオーディオプレーヤーとして日本でのシェア争いをしていたのが懐かしいです(ただしfoobarの作者は音質向上を目的とした設計はしていないとのこと)。

逆に,今では定番化しすぎたために殊更foobarを選ぶ方は少ないかもしれませんが,豊富なプラグインという資産はfoobarの王道フリーソフトとしての地位を確固たる物にしているといえるでしょう。今年になりインターフェースとプラグインとの連携に改良が加えられたv1.1が登場しました。

特徴

  • mp3,wav,FLAC,CD-DA,ogg,wma,AACなどのフォーマットに標準対応。その他TTA,Monkey’s Audio,TAK,ALACなどにはプラグインで対応
  • プラグイン形式でASIO,WASAPI排他モードによるビットパーフェクト再生が可能
  • WASAPI排他モードは詳細な設定をすることが出来ない
  • SRC(Secret Rabbit Code)プラグインによるアップサンプリングが可能
  • CUEシート対応
  • freedb からアルバムの情報を取得(freedb Tageerプラグイン)

設定

インストール

StandardとPortableが選択できるようになりました。通常のインストールは前者,レジストリへの書き込みを避けたい場合には後者を選択することになります。

プラグイン登録方法

過去のバージョンとの大きな違いの一つとして,プラグインの取り扱いが変わりました。プラグインをfoobarのComponentsフォルダに保存しても,そのままではうまく動作しません。ASIO用プラグインとWASAPI用プラグインは下掲。

http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_asio
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_wasapi

Installボタンをクリックすると,プラグインを選択することができます。別途ダウンロードしてきたプラグインを選びましょう。プラグインを選択すると,下掲のような画面に切り替わります。

この状態でApplyを押すと,「○個変更があるけどどうする?再起動するけどいい?」と英語でダイアログがでますので,OKを選択するとfoobarが再起動します。再起動後のPreferenceの画面はこちら。無事ASIOとKernel StreamingとWASAPIのプラグインがインストールされました。

なお,Get updatesボタンを押すとインターネット経由で自動でプラグインを更新してくれる機能が付きました。凄いですねー。

Output

Device

WASAPIまたはASIOを選ぶだけですので特に悩まないと思います。設定項目は非常に少ないです。

Buffer length

50ms~16000msまでの範囲で選択することができます。このあたりの設定の詰められ無さはいかんともしがたいところですね。ディザのチェックは入れないようにしましょう。

ASIO Virtual Devices

この項目,最初はASIOデバイスがなにも登録されていない状態になっていますので,まずは登録をする必要があります。Add Newボタンを押してASIOドライバを登録しましょう。ASIO Virtual Device Editorが起動します。

Configureボタンを押すとASIOデバイスの簡易的な設定が可能です。

無事登録できました。ご丁寧に,何か変更すると即座に反映されますよなんて注意書きがポップアップするようになってます。

再生

再生の画面も若干変化しました。スペアナ機能やVUメーター,Spectrogramなど,ビジュアライズ機能が充実したようです。かなり自由にカスタマイズが可能なので,好みのタイプにカスタマイズしてみるのもよいとおもいます。

プレーヤー軽量化至上主義の方は,あらゆる機能をそぎ落としたカスタマイズを施して試聴すると良いかもしれませんね。他のプレーヤーもそうですが,foobarはバージョンによって音が変わるとか設定によって音が変わるとか言う意見もあります。特にfoobarはそういう意見が昔から言われてきましたので,興味のある方は過去のバージョンも試聴してみてはいかがでしょうか。

音質傾向

v0.8世代から使ってきましたが,比較的濃い音というか,やや中域にボリューム感のある帯域バランスであるように思います。音はオンマイク気味で音像が近く感じられるので,ダイレクトな印象を受ける反面,奥行き方向に音場展開するようなソースでは奥行きが浅く感じられます。
ただし,レイテンシの調整で聴感上は奥行き感の調整も可能なので,最適なバランスを探ってみるのも面白いでしょう。デフォルトの1000msはちょっと野暮ったい印象を受けます。
個人的に好ましく感じるのは音像の立体感です。案外ペラペラした印象を受けるプレーヤーが多いですが,foobarはうまく立体的な音像をつくってくれるので,聴いていて違和感が少ないですね。

Lilithの解像感バリバリな音と比べるとv0.8あたりはかなりアメリカンサウンド的なノリの良さというか,密度感的な物が感じられて対極的だな~と思ったものですが,v1.1になると細やかな表現もできるようになりつつある印象です。
とはいえ,反面個性は薄れたかもしれません。ちょっと没個性的な音で,売りがないというか地味な感じですね。普段BGM的に聴く際にはこの何でもない感じが都合がよいとはおもいます。

※ この項目はビットパーフェクト(バイナリ一致)環境での試聴ですので,音質が変化する主要因としてはソフトウェア処理によるジッターとGND経由のノイズ流入が一応考えられます。ただし,私個人の感想ですので,客観的な音質評価とは言い難く,この点でソフトウェア作者様に問い合わせをされないようお願いいたします。