ソフトウェア編

まずはOSを選択しよう

OSカスタマイズに興味はないが手軽に良い音を楽しみたいならMac OS

PCオーディオ的な観点からMac OSを選ぶ場合,Mac OSの設計思想に惚れましたというよりはMacBookなどの扱いやすさが気に入った,というパターンが多いのではないでしょうか。
大半のサウンドデバイスはMacに対応していますから,OSカスタマイズなどのちょっとコンピュータより過ぎる話はあまり得意ではないという方にはMacがお薦めです。

OSカスタマイズに凝りつつ汎用性を狙うならWindows

ASIO対応オーディオインターフェースを選ぶのであれば,WindowsとMac OSの差は明確ではないといえるでしょう。あとはOSのカスタマイズをどこまでこだわるか,ということになります。
市販のDAWソフトの多くはWindows対応を標榜していますし,オーディオインターフェースも互換性のあるパーツの選定で色々と自由度のある自作PC のほうが結果的に良いケースは多いと思います。また,音楽プレイヤーもWindowsのほうがフリーソフトが数多くでていますので,比較する楽しさはある とおもいます。
このあたりは,MicrosoftとAppleの考え方の違いであり,あとはどの程度自分でカスタマイズ出来るかという経験の問題でもあります。圧倒的なユーザー数ですから,web上に資料が大量に存在するという点もアドバンテージといえるでしょう。

徹底的にOSカスタマイズを楽しみたいならLinux(Ubuntu Studio)

汎用OSの典型といえるWindowsはリアルタイム処理に向かないOSですが,この点で一定の配慮をしているのがUbuntu Studio等に代表されるLinuxです。リアルタイム処理に重きを置く場合には,Linux系OSを選択するのも良いでしょう。
注意しなければならないのは,オーディオインターフェースやサウンドデバイスの大半はLinuxに公式には対応しておらず,有志が作成したドライバを使うことになる点です。OS標準機能だけでは音が出ないケースもありますので,その点には十分注意が必要でしょう。

OSチューニングの基本的指針

本指針は,OSの種類を問わず共通して妥当することと思いますので,WindowsOS,MacOS,Ubuntu Studioのいずれでも応用可能な発想と思います。詳細につきましては,私がWindowsOSを使用しているため,WindowsOSについての説明となることをご了承ください。

とにかく軽量化する

音楽再生用アプリケーションの動作とオーディオインターフェースの動作に支障がないと考えられる限り,あらゆる機能を消していくことが望ましいです。OSは極端な話なんでもよいと思いますが,ドライバ無くしてインターフェースは動きませんから,ドライバの出来不出来を見越した上で選択する必要がありま す。その上で,不要な機能を極限まで削っていくべきでしょう。どの程度まで不要な機能とすべきかは個々人で異なりますので,注意が必要です。
インストール後のアンインストールでも構いませんが,理想を言えばインストールCDそのものをカスタマイズしてしまうのが望ましいでしょう。
ご参考までに,拙宅のカスタマイズされたWindows XP SP3の容量は,クリーンインストール直後で400MB程度です。

とにかくCPU使用率を下げる

例えば,背景は黒一色です。ゴミ箱アイコンも消してしまいましょう。当然XPならクラシック表示必須です。さらに,常駐するソフトも最低限にしなければなりません。
上記の条件を満たすためには,専用マシンを組むしかないわけです(普段使いのマシンだと不便すぎるので)。 聴感上はメモリ使用率も音質に相当影響してき ます。SN比だけでなく,音像・音場にも影響しますし,帯域バランスも変化します。Jitterの値も余計な動作をすることで悪化するようです。

エラーがでないようにする

これは聴感上の判断による部分が大きいのですが,エラーログが出ているようなソフトウェア環境はどうも音質的にしっくりこないことが多いように感じ ます。神経質な音になってしまったり,痩せた音になる場合,抜けの悪い音になる場合など,色々ですが,軽量化を図る一方で,エラーのでないマシン環境を構 築していきましょう。

ソフトウェア対策の基本的な方針

デバイスドライバ,API,再生用アプリケーションの総合的パフォーマンスで決まる

この三つはどれがかけてもうまくいかないので,相互にバランスの取れた環境を構築していくことが必要です。特に,再生用アプリケーションがハードウェアをどのように管理しているか,そして,APIとデバイスドライバをどのように従えているかというのが重要です。
オーディオ再生目的のAPIとしては,ASIOとWASAPIが代表的ですが,どちらが優れているとは一概には言えず,マシン環境と設定次第なところがあります。デバイスのドライバの出来不出来にも左右されますからその判断は非常に難しいといえるでしょう。

個人的には,これらを細かく理論的・体系的に整理して性能の良し悪しを論じるよりも,聴感上の判断を優先させてしまうのが現状当人にとって最も効率的ではないかと思います。

とにかく軽量化する

まず無調整の状態で好ましい再生用ソフトを選別した上で,OSだけでなく再生用ソフト自体の軽量化も効果があります。特にDAWソフトは非常に重厚長大な多機能ぶりが売りですから,再生専用にシンプルな機能に設定することで,さらなる音質向上が見込めます。
軽量化によってさらに音質向上が見込める再生ソフトもあるとおもいますので,ざっくりと順位をつけておいて最後はカスタマイズ後に比較試聴をすると言うのがベターなのではないでしょうか。

[提案] PCオーディオカスタマイズ情報を掲載する際は…

最近はPCオーディオのカスタマイズ情報を掲載されているサイトやBLOGが増えて参りました。それを受けて,カスタマイズ情報を掲載する場合には,参考にしたサイト・BLOGのURLを記載しませんかという提案をさせて頂きます。

理由はいくつかありまして,

  • 情報の正確な理解
    PCのカスタマイズといっても,OSの状態や再生ソフトなど,いくつかの複合的な観点から検討すべきなので,大元の情報がどのような環境での報告なのかを知ることが重要!
  • 誤りの速やかな訂正
    仮にカスタマイズ情報が間違っていた場合に,その指摘を大元にすれば参照している人全員が知る機会を得やすいのでは。
  • デマ拡散の防止
    根拠のない「PCオーディオ界隈では○○が良いと言われているが?」といった情報を広めない効果も多少期待できそう。

といったところでしょうか。

私のBLOGでの記事や『PCオーディオ研究』なども,いくつかのサイトやBLOGを拝見していて思いついたものもありますので,そういったもの は出来る限りご紹介しているつもりです。情報を相互に参照しやすくすることで,情報の価値も高まっていくようにおもいます。いかがでしょうか。
今後,拙BLOG等でカスタマイズ情報を提供する場合には,上記の点に留意しつつ,参考情報を掲載して参りたいと思います。過去のエントリに関しましても,類似の情報で日付の古い物等ありましたらご指摘頂ければ幸いです。