データフォーマットの選択

前提として非可逆圧縮は使わない

mp3やAAC等の非可逆の圧縮方式による圧縮音源は使わないようにしましょう。ジャンルや楽曲によってはmp3のほうが楽しく聴ける音源もありますが,基本はCDからリッピングしたままのWAVもしくはAIFFのデータを使うことが重要です。

FLAC等の可逆圧縮方式による音源が悪いとはいいませんが,音声データの再生中に解凍処理が行われる環境ではないことを確認しておく必要があるでしょう。PCの余計な処理は音質の悪化につながります。

OSによって最適なファイル形式は異なる?

※ 本項目はかなりプラセボ度合いが高いので話半分以下で読んでください。

AIFFvsWAV 比較試聴

Holly CollのI Can See Clearly Now(『Don’t Smoke In Bed』に収録)を使いまして,iPhone 3GSでAIFFとWAVの比較試聴をしてみました。

まぁ,PCMデータ部分のバイナリは全く変わらないと思うんですけどね。一応AIFFとWAVとでは,ファイルの構造が違います(詳細は省きますが,ビッグエンディアンとリトルエンディアンなど)。AIFFのほうが色々と情報を付加することができますので,一見,AIFFのほうが音は悪そうですが,結果はAIFFのほうが聴感上好ましいという結果になりました。

まぁ,iPhoneはApple社の製品ですから,PCMデータはAIFFでの再生を念頭にしているとは思います。この結果からすると,WindowsであればWAV,MacであればAIFFが良いということになりそうですね。Linuxだとどうでしょう?
なお,比較試聴用のファイル置き場ですが,全てNASにデータを生成して,メインPCからUSBでiPhoneに転送という形式にしました。条件は全て一緒にしないと不公平ですからね。

今回はiPhone3GSでの比較試聴が発端でしたが,OSによって?同じ無圧縮PCMデータなのにマッチングの良し悪しというのがある印象がありますので,興味を持たれた方は是非試されてみてはいかがでしょうか。
個人的には,再生環境別にそれぞれ適したPCM用フォーマットで保存しておくのが望ましいのではないかと感じています。