まずは音源を用意しよう

ファイルの種類はなんでもいいの?

一番重要なのは,そもそもの音源の音質

程度問題ではありますが,フォーマットにかかわらず一番重要なのは元の音源の録音品質です。元の音源が高音質であれば,mp3でもそこそこ聴けてしまいます。逆に,SACDでも録音自体があまり良くない場合や,編集が良くない場合には,良い録音のCDの足元にも及ばないケースもあります。
じゃあどういうのが良い録音でどういうのが悪い録音なの?という話になりますが,フォーマットは媒体によってきまっていますので,聴いて判断するしかありません。一応曲の周波数特性(低音から高音までどの程度収録されているか)を測定してバランスをみることで,どの帯域がつよいといったことはわかりますが,あくまで目安でしかないのが現状です。

私がよい録音だと感じるCDは『お薦めCD』でご紹介しています。

圧縮フォーマットだって音は良くなる

本コンテンツでは下記にあるようにWAVまたはAIFFをといった無圧縮の音源を推奨しています。ただし,mp3などの非可逆圧縮音源(圧縮を戻しても元のデータと同じにならない音源)であっても,ハードの性能が向上していけばかなり良い音で聴く事が出来ます。特に,スピーカー(ヘッドホン,イヤホン)の変更やアンプの変更などは大変効果的です。
オーディオにこれからちょっと凝ってみようとか,まだまだオーディオに興味を持ったばかりという方は,あまりフォーマットを気にせず楽しむのも良いと思います。

個人的な経験によれば,経験徐々にハードの性能が上がるにつれて無圧縮音源と非可逆圧縮音源の音質差が開いてきますので,そうなったらWAVまたはAIFFに移行してもよいでしょう。ただしその場合CDをリッピングし直さないといけなくなったりしますのでご注意を!

高音質なフォーマットを使ってみよう!

貴方が今何気なく使っているPCでも,良い音で楽しむことが出来る可能性を秘めています。そのためのちょっとした工夫が,圧縮音源を使わないということです。

mp3はCDの音を完璧に再現しているわけではない

mp3は不可逆圧縮形式といって,音声情報を圧縮すると元のデータに完璧に戻すことが出来ません。圧縮率は高く,元のデータの1/10ほどまで圧縮可能です。
一般的にはビットレート(単位時間あたりの情報量)が128kbpsを超えるとCD音源とあまり違いが無く,192kbps以上になると殆ど違いがないと いわれますが,オーディオシステムの性能が高い場合には,320kbpsでもCD音源との音質差が明瞭にわかることもあります。

データがどの程度劣化するかについてはStereophileのページが参考になります。
○MP3 vs AAC vs FLAC vs CD
http://stereophile.com/computeraudio/308mp3cd/

だからといってmp3を使ってはいけないということではありません。mp3で音楽を楽しむのももちろん自由です。音楽を楽しむということが第一にあるべきで,音質が悪いから聞かない,というのでは本末転倒というべきでしょう。
また,最近ではmp3などに圧縮することを想定した音作りになっているケースもあり,そういった場合にはむしろ圧縮した方が帯域バランス(低音から高音までのバランス)が良く感じられることもあり得ると思います。

品質重視ならWAV形式もしくはAIFF形式

可逆圧縮方式といっても,全ての再生ソフトや機器が対応しているわけではありませんから,広く使う事ができることを重視すれば,CDから取り込んだデータそのままを利用するのも良いでしょう。
CDに記録されているデータはCD-DA形式というものですが,これをリッピングという方法でコンピュータに取り込みます。特に,WindowsではWAV形式,MacではAIFF形式が標準となっています。

容量を圧縮したいのならFLACかAppleLosslessがお薦め

HDDの節約のため容量をある程度圧縮しつつ,それでいて完璧に元のデータにも戻せるフォーマットというのが存在します。これを可逆圧縮方式と呼ぶ のですが,代表的なものとしては,オープンソースのフォーマットであるFLACという形式と,Apple ComputerのフォーマットであるApple Lossless(ALAC)がおすすめです。圧縮率は低めで,約1/2というところでしょうか。
iTunesやiPodであればALAC,foobar2000であればFLACが標準で対応しています。
これらのフォーマットは音声以外にも作曲者やアルバム名,アルバムのジャケット画像などを記録しておくことができますので,ネットワークオーディオという使い方をする場合にはかなり便利でしょう。作り方は,WAVデータもしくはAIFFデータを圧縮するソフトウェアを用います。

リッピングの方法

リッピングって何?

リッピングとは「DVDビデオソフトや、音楽CDなどのデジタルデータをパソコンに取り込むことを指すパソコン用語」(リッピング – Wikipedia)とされています。
音楽CDは「CD-DA」という方式でデータが記録されており,これを直接PCで再生することはできません。そこで,WAVもしくはAIFFという方式で読み直す作業が必要です。これをリッピングといいます。データの形式は異なりますが,正しくリッピングが行われてさえいれば,内容は全く同一と考えておいて構いません。すなわち,裏を返せば正しくリッピングを行う必要がある,ということでもあります。

iTunesを使う場合に気をつけたいこと

リッピングの具体的な方法はいくつか考えられますが,iTunesユーザーも多いと思いますので,一応iTunesでのリッピングをする場合に注意すべき点について述べます。

そもそも,iTunesはリッピング目的のソフトではありませんので,リッピングに関する細かい設定は出来ません。正確にデータを読み取りたい,正確にデータを読み取ったか確認したい場合は,Windows環境でしたらEAC,MacOS環境でしたらX Lossless DecoderまたはMAXを使うと良いでしょう。

iTunesにおいて,なるべく正確にデータを読み取りたい場合には,以下の項目を確認しましょう。まず,編集→設定で一般タブを表示させ,「CDをセットしたときの動作」の項目の「インポート設定」をクリックします。

次に,「オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する」にチェックが入れてあることを確認します。下記の設定ではWindows環境でAIFFを直接作ることができます。もちろん「インポート方法」を「WAVエンコーダ」に設定すればWAVファイルを作ることも可能です。

EACを使う場合

Windows用のCDリッピングソフトで最も評価の高いものがExact Audio Copy(通称EAC)です。このソフトはリッピング専用ソフトと言うことで非常に細かい設定が可能ですが,あまりに細かく設定ができるため,逆に入門には向かない部分もあります。基本的な設定と操作は下記のページを参照して下さい。

○Exact Audio Copy – k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/media/cdripping/exactaudiocopy.html

リッピング性能はリッピングソフトもさることながらリッピングに使うドライブの影響が非常に大きいので,定評のあるリッピングドライブを使いましょう。特に傷のあるCDを読み込む時にも正しくリッピングが出来るかという点で差が出てきます。

PCオーディオ用途でお薦めのドライブやその他の議論状況については『光学式ドライブ』を参照して下さい。

WAVからAIFFへの変換

一般的には,Windows環境でリッピングした場合にはWAV,MacOS環境でリッピングした場合にはAIFFを作ることになります。しかし,ネットワークオーディオ対応などの目的でタグを付けるためにWAVからAIFFに変換したいという需要もあるでしょう。

WAVからAIFFへの変換にはfoobar2000がお薦め

iTunes付属の機能でも,WAVファイルをAIFFファイルに変換することができますが,iTunesでAIFFに変換する場合,24bitのWAVが16bitのAIFFに強制的に変換されてしまいます。iTunesの設定でこれを回避することは出来ないので,foobar2000のAIFF機能を使って変換するのがお薦めです。

ここでは,foobar2000 v1.1について説明します。まずはファイルを選択し,右クリックで「Convert」を選びます。

次に,Current settingsのOutput format(青字の部分)を選びます。

AIFFを選択し,Backを選びます。Output bit depthでAIFFを何ビットにするか設定出来ますが,Autoで問題無いでしょう。Ditherはneverにしておいてください。

戻るとFormat: AIFFと表示が変更されています。Destinationでファイルの出力先や分割方法,ファイル名の設定ができます。これらを適宜変更したうえで,Save<<を選択すると,設定が保存されいつでもAIFFに出力が可能です。保存しない場合には前回の設定が保存されます。

この状態でConvertボタンをクリックすると,出力先を選んだ後,AIFFファイルが出力されます。

FLACの作り方

FLACの作り方も色々ありますが,ここではfoobarで作る方法をご紹介します。他にもMediaMonkey等でも作ることが可能です。foobarでFLACを作成するメリットは,Cueファイルに準拠しながら作成することができる点でしょう。

まずはFLACの公式サイトからFLACエンコーダーをダウンロードします。OSによって異なりますので,間違えないようにしましょう。FLACのインストールが終了したら,一端再起動しましょう。再起動せずにfoobarでFLACのエンコードをしようとするとfoobar自体がフリーズしてしまいます。

上述のAIFFに変換したのと同じ要領で設定を行います。

Converter SetupでFLACを選択した上でEditをおすと,エンコーダーのセッティング画面がでます。Compression Levelとは圧縮率のことで,ファイルサイズを小さくすればするほどエンコードに時間がかかります。
なお,圧縮率の高低によってデータが変化することはありませんが,ネットワークオーディオプレーヤーなどデコードの際のCPUの負荷との関係で音質が変化する可能性はあります。

FLACでエンコードする初回のみ,flac.exeのインストール先をfoobarがきいてきますので,flac.exeをインストールした先を指定しましょう。あとは任意の場所にファイルを保存するだけです。