【STEP1】手軽にPCの音をよくしよう!

PC付属のスピーカーは必要最低限のコストで作られています。PCから直接音を出すのではなく,違う機器で音を出す機能を分離してしまいましょう。それだけでかなりいい音で音楽を楽しむことができます。

まずはパソコンと直接つないでみよう

音の良いイヤホン,ヘッドホンで聴く

一番手軽な方法としては,イヤホンやヘッドホンに凝るという方法があります。
最近はiPodやWalkmanなどのDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の普及でイヤホンやヘッドホン市場は大変活発化していますし,高品質なイヤホンやヘッドホンは単に繋ぐだけでPCをかなりのレベルで高音質なプレーヤーにしてくれるでしょう。

PCにパワードスピーカーをつなげる

イヤホン・ヘッドホンの場合,どうしてもPCの前から離れにくかったり,姿勢の自由度が足りなかったり,何かしながらBGM的に音楽を流すといった使い方がしにくいのが欠点です。
こうした欠点を避け,なるべくコンパクトでさりげなくいい音を楽しむには,パワードスピーカー(アンプ内蔵のスピーカー)を使うのが良いでしょう。接続方法も,イヤホン・ヘッドホン端子,デジタル出力端子,USBと各種あります。
この場合,音量調整はPCでは行わずボリューム最大で固定し,スピーカー側で行うのが一般的です。小型スピーカー故,低音が聞き取りにくいのが課題ですが,最近は低音をブーストしたりして調整してあるものもあります。また,サブウーファーを加えるのも良いでしょう。


画像:『FOSTEX PM0.4nで始める、ワンランク上のPCオーディオ』( http://ascii.jp/elem/000/000/511/511902/index-4.html ASCII 2010)

USBオーディオデバイスを使ってみよう

さらにワンステップ音を良くする方法として,USBオーディオデバイスをイヤホン・ヘッドホンやパワードスピーカーとPCとの間に使う方法があります。
USBオーディオデバイスには様々なタイプがありますが,USBオーディオデバイス側で音量調節が可能なものや,多くの入出力を備えるものもあります。

近年は開発競争が盛んで,低価格でありながら良い音が楽しめるコストパフォーマンスの高い製品が多く登場しています。


『【お安くPCオーディオ入門】USB-DAC/DDC+HPA:JAVS「nano/S」を使おう』(http://ameblo.jp/e-earphone/entry-10504118033.html eイヤホン りょう太 2010)